丁寧に生きる

僕がまだ小さい頃は、母親の実家に暮らしていました。 決して裕福な家ではなく、トイレは汲み取り、お風呂は五右衛門風呂、キッチンは土間といった昔ながらの民家でした。 こういった暮らしは、今からイメージすると酷く荒んでいるように見えるかもしれないですが、当時は家の中はいつも整理され、掃除され、澄んだ空気が流れていたのを今でも覚えています。 最近、母親にこのことを聞いたら、「確かにきれいだったね、玄関戸なんかはいつもピカピカに磨いていたよ。」って言ってました。 現代はロボットが掃除をし、食事は出来合いの物を買って、人が手間を掛けないで生活出来るようになりました。 いいような、悪いような。 手間を掛けたときに現れる魂みたいなものを、僕は知ってます。 僕の心を穏やかにしてくれます。 実家の澄んだ空気を思い出します。 セントテの理念は、 「丁寧に描き、丁寧につくり、丁寧に生きる。」 です。 理念がやっと出来ました。

KU-house お引き渡し

先日、KU-houseのお引き渡しが無事終了しました。 土地探しから手伝わせてもらい、いろいろ探した結果、 僕の祖母の実家があった土地に決まったというミラクルもありつつ、 施主様の穏やかな人柄もあって、いつも楽しい打ち合わせができ、癒しさえ感じる時を過ごしました。 自分たちがつくっているものに自負はありますが、 それでも施主様にとって満足のいくものになったかいつも不安です。 でも写真のようなプレゼントを頂いて、そんな不安も吹っ飛びました。 本当に、ありがとうございます。 写真にあるガラスの液体は、天気予報のできる液体らしいです。 工事をしている僕たちにとって、天気は最も気になることです。 ナイスなものを頂きました。 ありがとうございます! 写真をクリックするとKU-houseの竣工写真に飛びます。 見てみて下さい。

  • Instagram

© Copyright  2013 SENTOTE . All Rights Reserved .